HOMESeminar

セミナー&ワークショップ

セミナー

バレエの上達の為には、バレエのレッスンだけしていれば十分とは思いません。まずは、自分の身体にもっと興味を持ち、感じ、知り、持てる機能を十分に使えるようになりたいものです。
身体を知れば知るほど、骨格や筋肉を学べば学ぶほど、バレエは人間の体の仕組みを良くわかって、それを上手く使うことで成り立つように作られています。
しかしながら、仕組みを知ったとしても、果たして、自分の身体はその仕組みを上手く活かせる状態にあるのか?ということが大切です。筋肉はあっても、それを全て使いきれていますか?筋肉を鍛えるよりも、今持っている筋肉を如何に使うか!の方が大切だし、難しい課題です。ただ我武者羅に頑張るのではなく、知性を以って、賢く頑張りたいものです。

バレエにおける色々な悩みを抱えている方は是非、一度立ち止まって、自分の身体に向き合う時間を持って下さい。

このページのトップへ

ダンサーズコンディショニング 第一回セミナー・内容

リラクワ表参道院長の三原宏輝先生をお迎えして、ジョイント・レッスンを行います。 彼は、関節のアライメントや骨の位置に特に焦点をおき、その位置に骨格を変化 させることで、理想の身体に近づけるという、骨格へのアプローチ手法を取って います。

皆さん、自分の課題に気づいていますか?

バレエにおいて、出来ないこと、意味が分からないことが出てきた時こそ、自分に向き合うチャンスであり、進化のチャンスです。
プロを目指しているわけではないから、趣味でやっているだけだから、楽しくやれればいいからと、その課題を避けたり、気づかない振りをしたり、気づいても、何の改善もせず、答えも求めず放置していては、先には進めません。
「出来ない」ということは、自分自身の進化を自ら放棄することです。そして、怪我や故障の予備軍に入ることです。「出来ない」「地味だ」「やりたくない」と逃げずに、今やるべきことを見つけ、それに対して、すぐに行動を起こしましょう。
とはいえ、自分の本当の課題を知らず、若しくは、課題を見失い、本来「やるべきこと」ではなく、「やりたいこと」に焦点がずれてきてはいませんか?
皆さんのやりたいことが、本当に今自分自身に必要で求められているものとは限りません。

セミナー・課題
例えば、バレエにおける問題点は、数限りなくあります。

・プリエが踏めない
・ピルエットやバランスの軸が取れない・分からない
・前ももを使っているつもりはないのに、太ももが太くなる
・ピケの時、ポアントで立った時、膝が曲がる
・肩が上がる
・手が体の後ろに行く
・肋骨を締めるという意味が分からない
・ターンアウトをしているつもりなのに、内転筋群が使えない
・プリエの時に、股関節が詰まった感じになる、上手く曲がって行かない
・プリエをすると膝、脹脛、太腿、足首が痛い
・プリエの時に踵が浮く
・ジャンプの着地の時に踵がつかない
・腰が痛くなる
・アラベスクが上がらない
etc...

これらの課題に対し、自分が何かを改善したいと思った場合、そのこと自体に問題がある場合もありますが、大抵の場合、原因は違うところにあり、○○が上手く働いていないことで△△という症状が起きていることがあります。
表面的に表れている問題と、深い部分、別の部分が原因で起きている問題の差。
先ずは、自分でこれが必要と思うことと、本当に必要なものが違うことに気づくことが大切です。それを認識することが出来てこそ、問題への解決が一歩前進します。

今回のセミナーでは、皆さんの”何がしたいか?”に対して、それを実現するためには、”何が必要か?”を提供します。

ダンサーズコンディショニング 第一回セミナー・詳細

今回のセミナーでは、2つのステップを考えています。

1 Step:プレ・レッスン
2 Step:セミナー(整体&コンディショニング)

1 Setp:プレ・レッスン

先ず、1 Stepのプレ・レッスンで、皆さんの動きを検証します。
通常のバレエレッスンを通して、バレエにおける課題に対し、皆さんのどこに問題があるかを、検証します。
例えば、ジャンプの時「踵をつけて!」という指摘を受けた生徒さんに対し、何故踵がつかないか? どうすれば踵がつけられるようになるか?、ピルエットで、「真っ直ぐ立って!」と言われて、真っ直ぐ立ってるつもりなのにという生徒さんに対して、何が出来てなくて真っ直ぐ立てないのか?を動きの中から検証します。また、過去怪我や故障をしたことがある方について、どうしてその怪我が起こったのか?何を改善すれば、繰り返さなくて済むかかということに関しての考察も行います。
これが、プレ・レッスンの目的です。
従って、プレ・レッスンは、バレエの通常クラスを行い、それを普通にいつも通り受けて頂きます。
その後、皆さんの色々なレッスン中の指摘に対し、それが、身体の使い方によるものなのか、関節のアライメントや骨の位置によるものなのか、柔軟性によるものなのかなどを考えます。

そして、その人に今一番必要なことは何かを考え、2 Stepのセミナー時にお伝えします。

1 Setp 開催概要

開催日時:2014年8月24日(日)
時間:16時〜18時(受付15時30分〜)
場所:CCBAスタジオ
費用:3500円

2 Setp:セミナー(整体&コンディショニング)

プレ・レッスンを通して、皆さんの問題が色々浮き彫りになりました。
それらの問題について、今後のセミナーを通じて説明し、どのようにすればそれが改善出来るかを、 一つずつ解明していく予定です。
但し、問題は多岐に亘る為、テーマごとに、数回に分けてセミナーを開催することにします。
それらの詳細に関しては、初回セミナーの際にご説明します。
尚、今回の参加者に見られる問題は、個々に違うというよりは、大きく幾つかのパターンに分類 されました。初回のセミナーでは、それらのパターンを説明しつつ、その問題が引き起こしている バレエの課題について、紐解きます。
また、先日プレ・レッスンに参加された方は、自分がどのパターンに該当するのか、そして、 その結果何が起こっているのかを先ず把握して頂きたいと思います。
先ず、結果&課題に対する問題の原因を知ること。その原因が分からなければ、対策の取りようが ありません。そのことが分かるだけでも、今後のレッスンにおいて、意識やポイントが変わると思います。

また、今回プレレッスンに参加できなかった方も、他の方たちの問題を自分に当てはめることで、 色々な気づきを得ることが出来ると思います。

更に、バレエ以外のダンスをされている方も、身体の使い方に関しては同じことが当てはまると 思います。また、トレーナーの方でクライアントにバレエやダンスをやっている方が居る場合は、 トレーニングメニューを考えたり、その方の問題改善に対するヒントが見つかると思います。

2 Setp 開催概要

整体師が指導する『バレエの為の身体講座』表整体師が指導する『バレエの為の身体講座』裏
クリックで拡大(PDF)

開催日時:2014年9月21日(日)
時間:15時〜17時半(受付14時30分〜)
場所:CCBAスタジオ
費用:5000円
講師:三原宏輝
持ち物:筆記用具、動きやすい恰好
お支払:当日、現金にてお支払下さい
キャンセル:開催日2日前までに連絡下さい

対象:バレエの動きをより詳しく知りたい方、バレエを続けたことで腰や膝、股関節に故障や痛みがある方、正しい体の使い方を知りたい方、バレエ関係者、バレエをこれから始めようと思っている方、バレエ経験者で効率良く上達を望む方、身体の使い方に興味のある方、他のダンスに応用したい方、他のスポーツにバレエの機能面を応用したい方、バレエダンサーを顧客に持つパーソナルトレーナーの方、怪我の予防を知りたい方など

三原宏輝

三原宏輝


表参道整体院リラクワ院長。治療家として、器械体操選手をはじめチアリーディング、バレリーナ、シルクドソレイユ、マッスルミュージカル出演者のコンディショニングに関わる。現在は、完全予約制で治療を行うかたわら、出張で整体治療や選手のコンディショニングも行う。これらの経験を活かし、バレエにおける骨格と身体操作、負傷原因について解説します!

リラクワ表参道

予約方法

参加ご希望の方は、セミナー申込書より、必要事項をFAX、若しくは、メールにてお申込み下さい。

お問い合わせ

 〒155-0011 東京都世田谷区上馬2-2-5 一秀ビル2F
 TEL:03-3487-1080
 E-MAIL:ccba_info@vitaminhouse.co.jp
 担当:佐野

SIDE MENU

CCBA第10回発表会

 日時:2017年4月30日(日)
 場所:江東区文化センター
 時間:16時頃〜

 舞台に出てみませんか?
 ご興味ある方は、是非お問い合わせ下さい


Ballet Twitter

STUDIO ACCESS

Studio Map


〒154-0011 東京都世田谷区上馬2-2-5-2F
東急田園都市線 駒沢大学駅 徒歩6分

SIDE LINK

このページのトップへ