HOMEConditioning

コンセプト〜正しい事を伝え、僅かなヒントを提供する〜

コンディショニング

人間の身体において、筋肉はどういう風に付いているのか?
骨はどういう形をしているのか?
その筋肉や骨がどういう働きをしているのか?
身体の仕組みはどうなっているのか?
漠然とは分かっていても、実際にきちんと理解している人は少ないのではないでしょうか。
とはいえ、生きている以上、よく仕組みが分からない人間の身体に身を委ねている訳です。 踊る以前に、もっと自分の身体について、理解を深めてみることが重要だと思います。
そして、人間の身体の一部の機能を使うのではなく、余すことなく使えるようになる、これこそが、バレエダンサーに求められることではないでしょうか。

バレエも日常生活も、同じ人間の体を使うものです。
身体を知れば知るほど、骨格や筋肉を学べば学ぶほど、バレエは人間の体の仕組 みを良くわかって、それを上手く使うことで成り立つように作られています。
仕組みを知ってバレエのレッスンをするのと、仕組みを知らずにバレエのレッス ンをするのでは、雲泥の差。
ただ我武者羅に頑張るのではなく、知性を以って、賢く頑張りたいものです。

バレエにおける色々な悩みを抱えている方は是非、一度立ち止まって、自分の身体に向き合う時間を持って下さい。

ピラティス&コンディショニング

バレエクラス

クラスは、一人一人に向き合いながら進めていきます。 皆さん自身が、自分の身体について知り、何が問題か?何を知りたいか?何を改善したいかなどの現状を把握する作業から始めます。それこそが、改善への第一歩と考えるからです。 現状を把握したら、現状がどうして作り上げられたのかを頭で理解し、どうすれば現状を変えられるかを頭で理解します。その後、それを改善するためのエクササイズを行います。 結果的には同じ悩みや問題であっても、身体は一人一人異なります。つまり、感じ方も異なれば、直す方法ももちろんことなります。 長年、バレエを積み重ねたことでついた癖をリセットすることはとても大変で根気のいる作業ですが、、健康的にバレエを楽む為にも、体の機能を最大限に生かし、怪我のリスクを軽減し、テクニックの安定と向上を目指しましょう。 また、クラスは受け身ではなく、皆さん自身が疑問や悩みを積極的に発言すること、そして、それを解決することをとても大切にしています。その為にも、一々理解度を確認しながら進めます。 頭の中が???ばかりではエクササイズの効果も半減します。 解剖学を全て知る必要はありませんが、自分の身体について、知っておくことはとても意味のあることだと思います。 何が違うのか、何故そうなるのか、どうしたら良いのかなど、今更聞けないバレエの疑問、悩み、質問にに対しても、詳しく説明します。

対象:バレエの動きをより詳しく知りたい方、バレエを続けたことで腰や膝、股関節に故障や痛みがある方、正しい体の使い方を知りたい方
内容:呼吸から始まり、ピラティスの色々な動きを通して、それがどうバレエに結びつき、どう意味があるのかを説明します。
目標:・怪我のリスクの軽減、テクニックの安定と向上 ・足のトラブル(ポアント、土踏まず、アキレス腱など)の改善 ・アテール、プリエ、ルルベ、クロワゼなどバレエの動きの理解を深める ・バレエの正しい体の使い方について理解を深める

バレエにおける正しい体の使い方、正しい動きに対するゴールは一つです。しかしながら、その行き方は、人の数だけあります。その過程は分からないことだらけです。その”分からない”を一つずつ解決できるように、積極的に質問して下さい。しかし、”単に分からない”から答えを聞くのではなく、”何故そうなるのか?”を先ず考えから、質問して下さい。そこまで掘り下げた質問が考えられたら、答えはもう目の前です。”分からない”、”出来ない”だけを言っていても、自分で解決すべく考えた過程がなければ、幾ら答えを教えられてもその意味まで理解することは出来ません。簡単に答えが手に入る世の中ですが、その答えを理解するには、少なくとも、その答えを出した人が掛けた時間以上に時間がかかるはずです。ヒントは幾らでも提供します。でも、そのヒントから答えを見つけるのは、皆さん自身です。

予約方法

ピラティス&コンディショニングをご希望の方は、スケジュールより、スタジオレッスンのない時間帯をご確認の上、こちらからお申込み下さい。

マスターストレッチ

マスターストレッチ

マスターストレッチは、世界で活躍した元バレエダンサーが考案したエクササイズで、ピラティスやジィロトニック及び、ヨガやバレエなど様々な要素を取り入れたメソッドです。
バレエに限らず、スポーツにおける怪我や慢性的なスポーツ障害は、足の土踏まずが潰れ、体重の掛かり方に偏りが生じることが最初の一歩です。
如何に土踏まずを良い状態に育てていくか、そして、立っているときに、如何に土踏まずを上げて、足裏で立っていることを自覚するか。
その為のエクササイズとしてお勧めなのが、マスターストレッチです。 世の中に、様々なエクササイズグッズがありますが、「足」に焦点を当てたものは殆どありません。
基本的に、人は足の裏が地について立ったり、歩いたりしています。
しかしながら、身体を上から下まで見渡した時、頭から足の上までは一つに繋がっているにも関わらず、「足」の部分だけが身体から一部切り離されたような状態になっていることが多いです。
何をするにしても、土台が安定してないと、幾らその上の「コア」をトレーニングして鍛えても、本当の意味でその効果を得ることは出来ません。
先ずは、しっかりした土台作りから。
ダンサーだけでなく、脚の繊細な感覚が必要なサッカー選手、アスリート、回旋系の動きが必要なゴルフやテニス、野球などのパフォーマンスアップにも効果が期待できます。

対象:プロのバレエダンサー、プロを目指している方、趣味でバレエにはまっている方、ゴルフやジョギングなどのスポーツをされる方、ピアノなど楽器を演奏する方、体の硬い方、猫背、腰痛、肩こりなどの体に悩みをお持ちの方々
内容:特殊のシューズ(マスターストレッチの器具)を履き、バレエのバーを使用して行います。ゆるやかな動きで、足底の筋肉、身体の裏側の筋肉などにアプローチをかけます。
目標:しなやかで美しいラインの美脚効果、柔軟性向上

マスターストレッチ

特にバレエをやっている方にとっては、・足の裏の感覚が変わる、・足&脚のコントロール能力が上がる、・ポアントに立った時の感覚が掴める、・お腹の引上げが感じられる、・付け根が伸びるのを感じられる、・軸足の強化が出来る、・ポールドブラの正しい使い方と通り道が分かる、・グランプリエの正しい通り道が分かる、・サイドストレッチで脇を潰さない方法が分かるなどの効果が得られます。

予約方法

マスターストレッチをご希望の方は、スケジュールより、スタジオレッスンのない時間帯をご確認の上、こちらからお申込み下さい。

このページのトップへ

グッズ紹介

リフレックスボール

リフレックスボール(GYMNIC ギムニク イタリア製)


かためタイプの感触ボールです。表面の突起がツボを刺激し、筋肉を解し、感覚を呼び覚ましてくれます。血行促進等にも効果的です。肩が凝っている方、腕が回らない肩、お尻が硬い方、その他色々な症状改善に役立ちます。リフレックスボールで体を解した後、バレエの為に役立つ動きを練習します。レッスンでは、このボールを利用して、バレエに必要な動きを生み出し、その時の身体の感覚を体感して頂きます。

スモールボール

ギムニク・スモールボール


定評あるギムニク社製のフィットネスボール。今話題のピラティスやヨガにも使用できる柔らかいボールです。空気の量を加減することで、様々なエクササイズに利用できます。このエクササイズは、我々の身体を支え動かす役割をしている骨格筋の機能の向上や改善を目的としています。場所を選ばず出来るので、家庭や職場でも、自分のペースで練習できます。
このボールを使ってできるエクササイズはたくさんありますが、レッスンでは特に、バレエの動きに応用したものを練習します。プリエやデブロッペの意識、床を圧すということの意味と感覚を実感することで、立位での動きの質を高めます。

バンヘッド・セラバンド

バンヘッド・セラバンド


ニューヨーク・シティ・バレエ団の元ソリストが立ち上げたのがBuhneadです。あらゆるパフォーマンス向上の為にダンサーたちによって商品化されています。このエクササイズバンドは、筋肉をストレッチしながら効果的に鍛えるトレーニンググッズで、ポアントワークの足慣らしやピラティス、ヨガにも利用可能です。インナーマッスル強化やリハビリにも効果が期待できます。
レッスンでは、バレエに役立つエクササイズの仕方、これを使ったバーレッスンや踊りに応用した使い方も練習します。

ゴルフボール

ゴルフボール


バレエやヨガの為のグッズではありませんが、これを使ってエクササイズを行うことで、バレエの動きの質を高めます。特に、ア・テールの見直し、X脚やO脚の矯正、足底筋のエクササイズなどを、このボールを用いて行います。ルルベが高くならない、ポアントでルルベアップが上手く行かない、真っ直ぐ立てない方などは、先ずはこれらのエクササイズを行うことで、足を強化することが先決です。

このページのトップへ

出張レッスン&グループレッスン

スタジオレッスンがない時間帯に限り、出張レッスン、グループレッスンなどを行っています。
出張レッスンは、忙しい人、スクールや教室に通うことが困難な方に最適です。バレエを習っているお子様のコンディショニングの為に、家庭で出来ることをお伝えします。また、お子様が正しく体を使い、成長して行っているかを見極める為には、親御さんの知識も必要です。同時に、自身の身体も変えられます。また、家を空けることが難しい方、教室に通うのは抵抗がある方、バレエを始めようと思っている方、等、多様なニーズにお応え致します。個人で行なうレッスンだからこそ、皆さんの都合にあわせることが可能です。

お問い合わせ

 〒155-0011 東京都世田谷区上馬2-2-5 一秀ビル2F
 TEL:03-3487-1080
 E-MAIL:ccba_info@vitaminhouse.co.jp

SIDE MENU

CCBA第10回発表会

 日時:2017年4月30日(日)
 場所:江東区文化センター
 時間:16時頃〜

 舞台に出てみませんか?
 ご興味ある方は、是非お問い合わせ下さい


Ballet Twitter

STUDIO ACCESS

Studio Map


〒154-0011 東京都世田谷区上馬2-2-5-2F
東急田園都市線 駒沢大学駅 徒歩6分

SIDE LINK

このページのトップへ